ガレージキット・プラモデル・造形物成形はコスモリブレにお任せください

真空注型技術

真空注型技術

■真空注型工法とは

プラスチック製品の製作には費用も納期もかかる金型が必要です、その金型の代わりにマスタモデル や原型でシリコーンゴムによる型をつくり、その型に2液のポリウレタン(熱硬化性樹脂)を注入する 工法です。大幅にコスト・納期を削減し、気軽に汎用製品やプラモデル・ガレージキットなどの製品 が得られます。忠実に形状を再現し弊社ではガレージキットなどに多用され、工業用試作・商業見本 ・小ロットプラモデルなど様々なところで応用されています。


■真空成形の特徴

シリコン型の作成技法が永年の蓄積された技術をもとに製作しております。
真空注型の成形は材料注入・混合のポイントやタイミングが豊な経験のもとに行われています。


■真空成形の手順

真空成形の手順は下記の通りとなります。

①粘土埋め
手順
原型の型割ライン(パーテイングライン)を確定して、粘土をもとに手作業で丁寧にパーテイングラインを決めていきます。
②第1次シリコンゴムの注入
真空成形の手順
粘土うめをした型を枠で囲む、シリコンゴム注入の際に気をつけるとは気泡が残らないようにする。
③粘土はがし
真空成形の手順
シリコンゴムの硬化後粘土埋めに使った粘土を取り除く、原型の破損に気をつけながら、原型がシリコンゴムから外れないように粘土を取り除く。
④第2次シリコンゴムの注入
真空成形の手順
粘土を取り除いたシリコンゴムに特殊な離型剤をエアーブラシなどで均一に塗布する、その後型枠で囲み半面にシリコンゴムを流す、流し方は前回と同様です。
⑤原型取り出し
真空成形の手順
シリコンゴムが硬化後型枠をはずし原型を取り出さす、やはり原型破損に気をつけます。
⑥反転型を作成
真空成形の手順
完成したシリコンゴムから反転型を作成する、50~60セット以上の成形をするときは新しいシリコンゴムを作成するための準備です。
⑦型締め
真空成形の手順
成形のためにシリコンゴム型をバックアップ用の板を補助にし、輪ゴムで念入りに型締めをします。
⑧材料を計量
ウレタン樹脂(レジン)をA剤、B剤ごとに計量する。
⑨真空注型機に設定
真空成形の手順
真空注型機に型締めしたシリコンゴム型を入れるまた、計量したウレタン樹脂(A剤・B剤)を機械の回転ハンドルに固定する。
⑩撹拌と注入
真空注型機のふたを閉じ、電源を入れ、注型層を真空状態にし数分間放置する。A剤をA剤の回転ハンドルでB剤にいれ撹拌ハンドルで混合する、B剤の回転ハンドルで混合した材料をシリコンゴム型に注入する。
⑪成形品取出し
真空成形の手順
撹拌注入後シリコンゴム型を真空注型機から取り出し、十数分後にシリコンゴム型を開き、成形品をとりだす。
⑫完成
バリ処理をして袋詰めで完成、パーツ点数の多いものはまとめて袋詰めをします。

ご相談・お見積りはお気軽にご連絡ください TEL 048-224-6782 平日10:00~18:00 [ 土・日・祝日は除く ]

PAGETOP
Copyright © 有限会社コスモリブレ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.